日々のあわ

ウエハラ トモナオ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丁度がいい

IMG_2506.jpg


なんでも丁度がいい

「丁度」の意味。

1 ある基準に、過不足なく一致するさま。きっかり。ぴったり。きっちり。
ー goo辞書より


昔はいろんなものに固執していた。

恋人も友達も物も。

失うのが怖かったんだと思う。

だから無理して背伸びして、
自分を大きく見せて、いい人ぶって、
楽しいふりして、バカなふりして、
こびうって。

でも、そうやって一生懸命
日々を生きていたんだと思う。

今年33歳。
失うことに、寛容になったと思う。

いや、寛容になったんじゃなく、
あきらめかもしれない。

でも、その良さがわかったのかもしれない。
いずれ失うからこそ、大事にできる。

命も同じだよね、人生も。
恋人も友達も物も。

いつかは一人で死んじゃうんだぜ。

それを知ってから、
何に対しても丁度いい距離感を保てるようになった。

この年になるといろんな人に、いろんな場面で出会う。

初対面はただの偶然。
縁がある人はきっとまたどこかで出会う。
とくにこのせまい沖縄は。

もちろん、
丁度いいをつきやぶるくらい感情が高ぶるときは、
それに任せればいい。

この人とつながりたい!
これだけはぜったいほしい!

そういうのは、
あっていいと思う。


あ、「丁度」にいい意味がもうひとつ。

酒などの分量が多いさま。たっぷり。十分に。
ー goo辞書より


うん、お酒はたっぷり飲みたいね。

スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。