日々のあわ

ウエハラ トモナオ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いせや

いせや

先週、東京へ行ってきました。
心配だった雨もすっかり止んでいて、
沖縄に負けないぐらいの天気でした。

東京に行くと必ず行くお店があります。

吉祥寺の「いせや」。
創業80年以上、老舗の焼き鳥屋です。

他店より1.5倍ほど大きい串が、
1本80円という庶民にやさしいお店。
味はご想像にお任せしますが、
何よりもお店の雰囲気がたまらない。

少しけむたいくらいの煙にまみれながら、
店内には1人客のおっちゃんや、
常連と見られる家族づれ、
学生の集団、カップルなど、さまざま。
カウンター内では、
威勢のいいあんちゃん、黙々と焼鳥を焼くおっちゃん、
愛想の良いおばちゃんがせっせと注文をこなす。

このお店には、独特のルールがあります。
まず、注文するときは伝票を手渡してから注文。
生ビールのおかわりは、同じグラスを使うので飲み干してから。
店員に愛想を期待しない。
などなど・・・笑
どれも、愛すべきルールなのです。

僕はいつも、まず瓶ビールで乾杯。
焼きたての串がきたら、
それをつまみにまた1杯。
これが最高にたまりません。

そして2本ほど呑んだら、
次は焼酎水割り。
テーブルにある梅エキスを少し加えて、
くぃっといく。たまりません。

少しけむたいけど嫌じゃない煙に包まれ、
色んなお客さんを観察しながら、
串と酒をつまむ。

ぜいたくな時間なのです。



スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。